pg_akch_hd.jpg
pg_akch_hd_img.png

AKASHIYA CHANNEL

明石屋で働く若手社員をピックアップ。

akch_okumura_1.jpeg

新人にインタビュー

会社とともに
誠実で信頼される
営業マンになりたい

明石屋を知ったキッカケは何でしたか?

 就活の一環として参加した合同企業説明会で話を聞いたことがきっかけです。

奥原 正博(営業部 食品資材課)

明石屋に就職したいと思ったキッカケは?

 合同企業説明会で話を聞いてから、若手の方から社長まですごく活気のある会社だなと感じていました。一度は別の会社に就職しましたが、説明会で感じたインパクトが忘れられず、会社の成長とともに自分も成長したいと強く思い、明石屋に転職しました。

akch_okumura_2.jpeg
akch_okumura_3.jpeg

明石屋を選んで将来性を感じた部分はどこですか?

 常に挑戦し続ける姿勢です。社是に「挑戦」と掲げている通り、現状に満足せず様々な角度から新たなことに取り組んでいます。社長から社員一人一人に至るまで「挑戦」の姿勢が根付いている企業文化があることが、私が将来性を感じる1番の要因だと考えています。

今の仕事の内容はどのようなものですか?

 営業部食品原料資材課に所属しています。鳥取地区を担当しており、主に食品工場様や水産会社様に食品原料・資材を販売しています。明石屋独自のものを販売しているわけではないので、純粋な営業力が試されますが、商品を購入していただいた時の喜びはとても大きく、やりがいを感じています。商品のメーカー様とやり取りさせていただく機会も多々あるため、幅広い知識や社会人としての基礎的な力が身についていくことを実感しています。

akch_okumura_4.jpeg
akch_okumura_5.jpeg

職場の雰囲気はどうですか?

 活気のある職場だと思います。部課長に相談しやすい雰囲気があり、問題が起きた場合でも一人で悩まず全員で解決していこうという空気感があるため仕事がしやすいなと感じています。

会社が社会貢献について
取組みをしていますが、
それについてどう思いますか?

 私自身、地域貢献ができる会社で働きたいと思い入社したため、図書の寄贈や清掃等、事業以外の部分でも貢献ができているということは素晴らしいことだと感じています。今後も継続していけるよう主体的に取り組んでいきたいです。

akch_okumura_6.jpeg
akch_okumura_7.jpeg

会社の教育や研修制度を受けた感想を教えて下さい。

 入社当初は取扱商品の種類の多さに圧倒されていましたが、メーカー勉強会や先輩社員からのレクチャーがありしっかりと知識を身につけていくことができる体制が整っていると思います。また、一人で営業に回るようになってからも周りの方から多くのアドバイスをいただくことができ、非常に良い環境だと思います。

最後に会社であなたがやってみたい事は何ですか?

 お客様から見れば若い営業マンは不安を感じる部分が少なからずあるのではないかと思います。まずは、そういった不安を取り除けるよう期待+αの営業活動ができるよう努力していきます。そして、将来的には原料や資材以外のことでもお客様に貢献できる事業があれば挑戦していきたいです。