pg_stf_hd.jpg
pg_stf_hd_img.png

AKASHIYA STAFF

ここで働くということ〜社員紹介〜

社員にインタビュー

この会社で働こうと思った
決め手はなんでしたか?

お客様のために
早く反応することを
心がけています

 大学からの新卒で入社して10年目になります。大田市出身で島根県内の企業に就職したかったというのがひとつです。その中で、明石屋は発展途上の会社ということで、おもしろそうだと感じました。働く条件面以上に、やりがいというか、自分が仕事して楽しいと思えるかどうかを考えてこちらに来ました。

営業部 営農米穀課/三浦僚太

現在、担当している仕事について
教えてください。

 営業部 営農米穀課に所属しています。お米に特化した部門で、農家さんから玄米を仕入れ、販売を行なっています。主に出雲市を担当し、農家さんと取引して、弊社に卸していただけるようにするなどの営業活動をしています。

staff_miura01.jpeg
staff_miura02.jpeg

その仕事をこなす上で大切なことは?

 早く反応することを心がけています。例えば販売に関して、お客様が関心を示してくれたらすぐに見積もりやサンプルを送るようにしています。仕入れ先様に対しては、農業資材の販売も始めたので商品知識を身につけ、聞かれたことにできるだけ早く答えられるようにしています。知識をつけるため、専門家を呼んでお客さんと勉強会を行ったり、独学するなどしています。

この会社であなたが得ているものはなんですか?

 自分が請け負う仕事が多いので、考えながら動くことが身についてきたと思います。秋の収穫の時期などは、考える間もないような感じですが、成果を出せたときの喜びは大きいですね。

地域と関わりの活動でやりたいこと、
または行っていることは?

 明石屋では現在、近隣の小学校に本の寄贈を行なっています。今後の活動としては、稲刈り体験のような農業体験を行なうのもいいかもしれませんね。

staff_miura03.jpeg

後輩たちと一緒にやってみたいことは?

 直属の後輩が3名に増え、自分自身が引き締まる思いでいます。とても優秀な後輩が入ってくれて、私が言わずとも自分で考えてできる人なので、それを伸ばしていけたらと思っています。