pg_akch_hd.jpg
pg_stf_hd_img.png

AKASHIYA STAFF

ここで働くということ〜社員紹介〜

akch_kirimura_1.jpeg

新人にインタビュー

生産者を支える
米のスペシャリストに
なりたい

明石屋を知ったキッカケは何でしたか?

 就職サイトのリクナビで島根+農業で検索した際に発見し、単独説明会に参加しました。

桐村 史悠(営業部 営農米穀課)

明石屋に就職したいと思ったキッカケは?

 大学でイネの研究をしていたこともあり、学んだ分野を活かせる仕事を探していたところ明石屋を見つけました。単独説明会で話を聞き、生産者の所得向上に最も近くで貢献できると確信し、また米の買取・精米・販売まで全てを手掛けているところに魅力を感じました。

akch_kirimura_2.jpeg
akch_kirimura_3.jpeg

明石屋を選んで将来性を感じた部分はどこですか?

 伸び続ける集荷数量、集荷した玄米を捌き切ることのできる営業力があるところです。また常に新しいことに挑戦しており、確実に業績を伸ばしているため、自身の成長も見込めると感じました。

今の仕事の内容はどのようなものですか?

 営業部 営農米穀課に所属しています。現在は安来地区の玄米の買取と資材販売、米子・境港地区の精米販売を担当しています。特に秋時期は玄米の集荷があり多忙ですが、集荷に行く先々で「ありがとう」と言ってもらえる事が多く、とてもやりがいがあります!また少しずつではありますが、一年目から担当エリアを任せていただけたため、お客様と直接お話しする機会が多く、かなり濃い経験をさせていただけているなと感じています。

akch_kirimura_4.jpeg
akch_kirimura_5.jpeg

職場の雰囲気はどうですか?

 4月入社が私一人で不安もありましたが、すぐに打ち解けることが出来ました。また、会話の飛びかう時と仕事に集中している時のメリハリがあり、良い雰囲気だと思います。

会社が社会貢献について
取組みをしていますが、
それについてどう思いますか?

 通学路の見守りや駅の清掃といった取り組みで、地域の皆様により身近に明石屋を感じていただけていると感じています。地域とともに歩み、成長しつづける会社だと身をもって実感しています。

akch_kirimura_6.jpeg
akch_kirimura_7.jpeg

会社の教育や研修制度を受けた感想を教えて下さい。

 先輩方の営業に同行する機会がとても多く、入社後早いうちからお客様とのやりとりを間近で見る事ができ、濃い内容だったなと思います。特に伝え方、言い回し等が的確で、自身の営業の理想像が早い段階からできました。

最後に会社であなたがやってみたい事は何ですか?

 生産者と近い部分で関わりあえる仕事なので、より専門的な知識・資格を身に着け、米・農薬・肥料など広い分野で生産者の力になりたいと思っています。また、農業に関する分野で新たに事業展開があれば積極的にチャレンジしていきたいです。