pg_akch_hd.jpg
pg_akch_hd_img.png

AKASHIYA CHANNEL

明石屋で働く若手社員をピックアップ。

akch_yamashita_1.jpg

新人にインタビュー

会社とともに
「攻め」の姿勢で走り続ける

営業マンでありたい

明石屋を知ったキッカケは何でしたか?

 リクナビの合同企業説明会で声を掛けられ単独説明会に参加しました。

山下 高弘(営業部 営農米穀課)

明石屋に就職したいと思ったキッカケは?

 高校、大学で米について栽培、研究をしていたので、学びを活かせる仕事を探していました。最初は就農しようと思っていました。しかし、生産者の所得向上、販路の拡大に貢献したいという思いがあり、玄米の買取、精米の拡販をしている明石屋に魅力を感じました。

akch_yamashita_2.jpeg
akch_yamashita_3.jpeg

明石屋を選んで将来性を感じた部分はどこですか?

 社長の仕事に対する熱量と将来の展望がはっきりとしていたことです。また、毎年増加する玄米の集荷量と、精米の販売量、就職活動の場に来ていた先輩社員の顔つきを見て、この会社の将来に賭けてみたいと思いました。

今の仕事の内容はどのようなものですか?

 営農米穀課に所属しています。松江市、雲南市、奥出雲町、飯南町の玄米買取、農業資材の販売、安来市、松江市、雲南市の精米販売を担当しています。担当エリアが広く、お客様も多いですが、その分やりがいや達成感は大きいと思っています。特に、玄米の集荷は多忙を極めますが、シーズンを乗り切った後の達成感は大きかったです。

akch_yamashita_4.jpeg
akch_yamashita_5.jpeg

職場の雰囲気はどうですか?

 4月入社の同期がおらず不安が大きかったですが、年の近い社員が多いので打ち解けるのは早かったです。営農米穀課はまだ若い部署で、日々試行錯誤しているため相談もしやすく、働きやすい環境だと思います。

会社が社会貢献について
取組みをしていますが、
それについてどう思いますか?

 通学路の見守りでは、朝から子供たちに大きな声であいさつを返してもらい、こちらが元気をもらっています。この活動が地域や人々を元気づけていると感じています。

akch_yamashita_6.jpeg
akch_yamashita_7.jpeg

会社の教育や研修制度を受けた感想を教えて下さい。

 今年は新型コロナウイルスの影響でいろいろな研修が無くなり、営業同行もしづらい状況でしたが、オンラインの研修やソーシャルディスタンスを保った営業同行を通して、お客様とのやり取りや新規営業を間近で見ることができました。早い時期に自分の営業エリアを持てたこともあり、イメージをすぐに実践に移すことができました。

最後に会社であなたがやってみたい事は何ですか?

 生産者に近く、消費者にも近い立場のため、広い分野の知識が必要になると感じています。これまで学んできた農業の知識を深め、食品に関しての知識を新たに身に着けていきたいと思います。その上で新たな事業展開にチャレンジしていきたいと思います。